左利きはお得! マイノリティーの美学

育児

一言で左利きといっても、色々ある

こんにちは あるまじろです♪

私は左利きです。
文字、お箸、ハサミ、球技、ラケットスポーツetc.
人によってこれは左だけどこれは右、みたいに色々なパターンがあるのです。
文字だけは右、ほかは左という左利きの方も結構います。
ボール投げるのだけは左、という方もいます。

私はどうか。
100%混じりっ気なしの左利きです。
多くの右利きの人がそうであるように、
全ての動作において当然左が優位なのです。

母曰く、0歳離乳食の時にスプーンを左で持つのを見てレフティー疑惑浮上。
何度か敢えて右に持たせてみたものの、
自分でさっと左に持ちかえて食べるのを見てこの子はレフティーだと確信。

私の生まれた時はまだ「左利きは治した方がいい」
という謎の信仰がかすかに残っていた時代。

案の定母の母、私の祖母は私を不憫に思って
「お嫁に行けなくなる」と心配してくれたよう。

天国のばあちゃん、大丈夫やったよ、ひ孫もおるよ😊

私の母は看護師だったということもあってか、
左利きは病気でも障害でもない、無理になおすとチックが出ることもある。
自然体が一番、と一切利き手に干渉しないで育ててくれました。母に感謝。

左利きのメリット

実際この約40年間の左利き人生を振り返ってみてどうか。
最高〜!!
嘘偽りなく、左利きでいい思いばかりしてきたと断言できます。

中学時代、ハンドボール部に所属していました。
入部早々ルールをようやく覚えたくらいの段階で、
先輩方差し置いて試合に出させてもらったり
同期の中で一番にレギュラーメンバーになれたのは、
私が運動神経バツグンだったからではなく、
私が部で唯一の左利きだったからです。

右サイドというポジションに左利きがいると、攻撃の幅が広がるんですね。

また、高校に進学して硬式テニス部に入りました。
ここでもまた左利きというだけでいい思いをたくさんさせてもらいました。
部内で唯一の左利き。おもしろいサンプルが来たぞという感じで
顧問の先生が左利きを活かせるテクニックをたくさん教えてくれました。

アドバンテージコートからのスライスサーブでどれだけエースを獲ったことか!

他にも左利きが有利とされるスポーツはたくさんありますよね。
マイノリティーが故のメリット、心から左利きで良かったなと思います。

左利きのデメリット?

でもでも、デメリットもあるでしょ?とツッコミが入りそうですが、
正直私個人的な意見ですがデメリットなんて皆無。
ハサミ、鎌、急須、ギザギザのついたおたまといった
右利き用に作られた道具の使い勝手の悪さを挙げられる方も多いですが、
意外や意外。当の本人はそんなもの不便だなんて思ったことないんです。
臨機応変に全然普通に使っています。

唯一誰かに右手の使用を強制された経験、それが書道の時間。
右で書けと言われたけれど、そんなの気にせず勝手に左で書いたり、
また右で書いたときの下手っぷりを面白がっていたことをよく覚えています。

本人も気が付かないような日々の小さいストレスが積み重なって、
左利きは右利きよりも早く死ぬ説なんでのもあるみたいですが、
ちゃんちゃらおかしいです!笑

100歩譲って左利きが不便を感じる場面が日常生活内に多少あるとしましょう。
しかしそれを補ってなお余りある大きなメリットがあるのです。
そんな私なので娘も左利きだったら面白いなと思ってましたが、二人とも右でした。
まあ、がっかりするようなことでもありません。
つまり何が言いたいのかというと、自然体が一番大事ってこと。

左利き人口の変遷

左利きを研究している専門家の方曰く、
本来自然な状態で左利きは人口の約10%くらいになるらしいです。
私が小学校の時、40人クラスに左利きは1人か2人という感じでした。
中学、高校、大学と進学する中で、
常にクラスメイトの左利き率は体感で5〜8%という感じ。
絶対に10%はいませんでした。

平成生まれの娘たち世代を見ていて気がつくことがあります。
これも私の体感値なのですが、左利きの子が10%くらいいるんです。
学校の先生など教育現場にいる方はよく分かると思います。

テレビを見ていても、左利きのタレントさん、
昔はほぼ0だったのに今は普通に時々見かけます。
なんか、感慨深いです。

マイノリティーとして虐げられてきた同胞達が、
ようやく開放され自由に生きられる世の中になった。
その歴史的な変化の、私は目撃者である。みたいな笑

あるまじろさん、めちゃくちゃおおげさやね

一番伝えたいこと

もし万が一、お子様が左利きで心配されているお母さんがいたら、
「全然心配いらないよー むしろ超ラッキーなことだよー」
と伝えたいです😄
今日はこれでおしまい またね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました