【お菓子の絵本大好き】スイーツ女子が喜ぶギフトおすすめ紹介

食べ物の絵本ってハズレ無しですよね。
特に女子はお菓子やスイーツでテンション上がりませんか?
実際はまだ食べたことのないチョコやデコデコのドーナツ、カップケーキを見て
「かわいいー😍」「おいしー😋」って言ってる。

娘が2歳になった頃、ケーキやクッキーといった洋菓子が出てくる絵本が大好きになりました。
お菓子の絵本を読み続けたら、幼稚園の手提げバッグ諸々のデザインも、マカロンやエクレア、カップケーキが散りばめられたお菓子柄を選びました。こんな感じ↓

とにかくスイーツが表紙に書いてある本は、全部読んだと言っても過言ではありません。
間違いなく100冊以上。

そんな数あるお菓子絵本の中でも何度もリピートして読んだ絵本を紹介します。
子供が何かに興味を示したら、興味がある内にとことん与えてあげたいお母さん
娘と同じようにスイーツ絵本大好きなお子様に届きますように😊

 

1〜3歳向け 文字少なめ

絵を見ているだけで幸せになれる。定番中の定番。

ケーキになあれ!

フレッシュなフルーツの絵が次のページではケーキの絵に変身しているという構成。
アップルパイはりんごから作られていることを、この本で初めて知った娘。

 

フルーツケーキいただきます

スポンジを置いて、クリームを塗って、フルーツを飾って、と
1ページごとに1層ずつケーキを重ねていく。
レイヤーケーキ作りを疑似体験できるうまい作り。


 

ケーキやけました

版画で描かれた絵が個性的でとても魅力的。
姉妹本、「パンどうぞ」もセットで好き。
色使いはとても地味。
ほぼ小麦粉が焼けた色のみ、全くカラフルではない。
それがこの本の最大の特徴。

「これ◯◯と同じ人が描いてるね」
子どもはそんな絵の特徴をしっかり掴んでいて、同じ作家の絵本をしっかり見分けますね。素晴らしい観察眼。

 

3〜5歳向け 文字多め

もしもせかいがたべものでできていたら

チョコレートの世界、アイスクリームの世界、お菓子の家など、全て食べられる食材でつくられた世界の写真絵本。他の絵本にはない写真ならではのリアル感がGood

フルーツタルトさん

擬人化されたスイーツ達が織りなす物語も、スイーツ好きにはたまらない。
ミルフィーユちゃん、ケーキちゃん等、個性的な主人公でシリーズ化されているので気に入ったらコンプリートしましょ。

ルルとララのカップケーキ

ストーリーもしっかりありつつ、親子で実際に作ることを想定してレシピと作り方が丁寧に紹介されているのでレシピ本としての側面もあります。
お菓子作りって親子でやりたいなと思ってレシビ検索しても、たくさんありすぎてまずレシビを選ぶ段階でかなり疲れるのは私だけじゃないはず。
この本を読んだからにはこの本に書いてある通りにやる、
そう決めて臨むと無駄に迷わずとても楽です。

ルルララシリーズは20冊以上出版されているので、カップケーキやホットケーキといった比較的イージーなところをクリアした方は是非他もトライしてみてください。

チョコレートがおいしいわけ

アフリカで採れたカカオの実が加工されて製品化されるまでが丁寧に描かれた構成。
カカオ豆のキャラクターが案内役になってお話が進んでいきます。
昨今話題のフェアトレードチョコレートの話も合わせてしてあげると、子供なりに
「カカオを生産している農園の人が、チョコレートを食べられないのはおかしいな」という感想を持っていました。

いちごパフェエレベーター

我が家ではこれを読んですぐに子供が人生初パフェデビューしました。
コーンフレーク、ヨーグルト、フルーツ、アイス、
透明なグラスにポンポン入れていくだけで立派なこどもパフェが出来上がります。
絵本+実体験のコンボは親子共に満足度高い遊びなので無理ない範囲で是非。

【プレゼントに】スイーツ柄のタオル

お菓子の絵本が好きになった娘を喜ばすためにこんなものも買いました。大当たり!
国産ガーゼタオルで高品質。
我が家では6年以上使っていますがまだ現役。
フェイスタオル3枚セットだけでなく、バスタオルやハンドタオルもあるので
セットにて出産祝い等お友達へのプレゼントにも最適です。


絵本の定期購読サービスのすすめ

絵本の定期購読サービスは利用されたことありますか?

余談ですが、幼稚園から月1回持って帰ってくるソフトカバーの絵本、あのシリーズ私あまり好きじゃなかったんですよね。。。

絵本は図書館でガンガン借りて、お気に入りが見つかったら購入するという方は多いと思います。

意外と難しいのがこの「選ぶ」という作業。
借りる本を選ぶのもさらにその中から購入する本を選ぶのも意外とエネルギーがいるものです。

絵本コンシェルジュのような方が選んでくれたらいいなと思いませんか?
「絵本のサブスク」という子供に丁度いい絵本を毎月4冊自宅に届けてくれる定期購読サービス、おすすめです。

実際にサブスクを利用してみて、
こんなの自分では選ばない、という本が子供の一番のお気に入りになったり、定番過ぎて買うのをためらっていた本が、やっぱり手元にあって良かったと思えたり、人に選んでもらうメリットを感じました。中古絵本を利用したサービスなので価格が抑えられていて絵本のチョイスも文句なし。

子供が「この本は返さなくてもいいの? ヤッター!」と喜ぶ姿を見ると、このサービスを利用して本当によかったなと感じます。

絵本のサブスク

おじいちゃん、おばあちゃんにスポンサーになってもらうというのもいいですよね。
離れたところに住む孫のために何かしてあげたい♡
という祖父母の気持ちにも応えるサービスです。

子供が「じーちゃん いつも えほん ありがとう」なんて電話で言ってくれるんだから、祖父母、両親、子供全員ハッピー間違いなし。

電子書籍読み放題サービスとの比較もありますが、子供が小さければ小さいほど、紙の絵本で読むことのメリットが大きいのは今更言うまでもありません。

いつでも解約できるので、少しお休みしたいと思ったら停止し、また好きなタイミングで再開ということも簡単です。ちょっとでも気になったらとりあえず3ヶ月位試してみてお子様の反応を見て継続するか否か決めるということもできます。

娘は、遊びに来た友達に「◯◯ちゃんのお家は絵本がいっぱいで図書館みたいだね😍」と言ってもらえて嬉しいみたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました